オナ電できるおすすめアプリとやり方&コツを解説【2022年】

オナ電の解説
見知らぬ女性とテレフォンセックスをしたことがありますか?
オナ電とはパソコンやスマートフォンで使えるテレビ電話や音声通話を繋ぎ、映像や音声を通して離れていてもお互いにエッチなことをする新しいセックスの形です。
お互いに素性がわからないからこそ、恥ずかしいプレイをすることができます。

  • とにかく女性とエロ電話したい
  • 人妻を調教したい
  • 素性のわからない女性からイジメられたい
  • 若い女の子のテレフォンオナニーを見たい(聞きたい)

この記事では、手軽にオナ電する方法をわかりやすく解説します。
さらに無料で利用する方法やお試しポイントがもらえるアプリ・サイトを紹介します。

オナ電とは

オナ電できるアプリとやり方
オナ電とはテキストチャットや音声通話、ビデオ通話を利用してお互いに、時には一方的にオナニーを見たり聞いたりすることです。実際に会ったり、接触したりする必要がないのが特徴です。

基本的にはお互いにオナニーを見せ合う・聞かせ合うというものですが、お互いにオモチャを用意して、それを使って気持ちよくなっている相手の姿を見たり、自分の姿を見てもらったりして楽しみます。
また、相手の女性に「アナルにバイブを挿れながら動かして」と命令して思い通りにオナニーをしてもらったり、「クリトリスがどんな風になって気持ちいのか言って」みたいな相手にオナニーの実況をさせるという楽しみ方もあります。

顔出しが必須ではなく、音声やテキストだけのほうが、エッチに集中できるという方もいます。
お互いの局部や感情がどのように変化しているのかを知ることで、リアルとは違った性的興奮を感じることができ、想像以上に気持ちいいです。

音声通話でテレH

オンラインセックスの魅力
音声通話だけでオナ電するのが一番スタンダードな方法です。
顔も見せずに音声だけでエロトークをしながら、オナニーやイメプにつなげていきます。
相手の女性と通話しながら、オナニーの指示をだしたり、逆に指示してもらって、お互いに気持ちよくなりましょう。
顔が見えないぶん、普段できないような大胆なプレイをすることもできます。

ビデオ通話でテレH

ビデオ通話でテレH
最近とくに人気があるのは映像を見ながらできるライブチャットオナニーです。
テレビ電話のように双方の映像を見ながらエッチする場合と、女性の映像だけ見れるライブチャットなどがあります。
ライブチャットでは、女性と好きな時にテレビ電話ができます。
電話だけでなく、相手の映像を見ることができるので、より臨場感のあるテレフォンセックスができます。
一方、相手の女性は完全な素人ではなく、ライブチャットサイトに登録して、バイト代をもらっています。
風俗で働く女性のようなプロではありませんが、完全な素人でもありません。
ライブチャットについては、おすすめのライブチャットページで詳しく紹介しています。
 

オナ電の流れとやり方

それではオナ電までの流れについて説明していきます。

  1. 事前準備する
  2. 相手を見つける
  3. オナ電の雰囲気を作る
  4. 言葉責めやオナ指示をする

2番めの「相手を見つける」については、ニーズによって複数の方法があるので、次のところで詳しく解説します。
さきに知りたい方は、「オナ電する4つの方法」をクリックするとそこまで移動します。

事前準備する

まずはZoomLINEなどのパソコンやスマートフォンの画面越しでやり取りができるアプリを用意しましょう。
(オナ電アプリを利用する場合は、この部分を飛ばすことができます。)
最近では、Zoomはオンライン会議で利用するようになっており、多くの人が日常で使用しているアプリかと思います。
また、LINEなどの無料通話アプリでもビデオ通話や音声通話をすることができるので、そちらを利用しても問題ありません。

オナ電の雰囲気を作る

実際に相手とやり取りが始まったらオンラインセックスをするための雰囲気づくりが重要になります。
どんなことを話せばいいのかと分からない人がいるかもしれませんが安心してください。
相手もエッチを目的にしているので、気軽にエッチな会話をしてみましょう。
いつもひとりでする時はどんな風にしているのか、どんなオモチャを持っているのか、どんなプレイをやってみたいか、など聞いておくとその後のプレイに活かすことができます。
また、会話の中のキーワードとしてエッチな言葉を入れるのを意識してみてください。
「声がエロい」とか「ムラっとしてきた」とか「想像してきたら立ってきた」などなど。
女性は想像力が豊かなので、無意識にエッチなことを妄想し始めてエッチな雰囲気へとなっていきます。

言葉責めやオナ指示をする

オンラインセックスをが始まって、ただ相手がオナニーしているのを眺めながら自分もオナニーするのでは少し味気ないです。
せっかく相手も気を許してくれているので、ここでは普段できないことをしてみるのも良いでしょう。
ということで、言葉責めがおすすめです。
簡単なもので「どうしてほしいの?」とか「どこがいいの?」などがあります。
また、相手によりますが、ハードな言葉責めもありかと思います。
それだけでなく、オナ指示と言って相手に自分がしてほしいオナニーをしてもらうというプレイもあります。
画面越しでありながら、相手を思うままに動かしながらエッチなことをさせることができるので、いつも以上に興奮すること間違いなしです。
逆に、相手に指示されながらオナニーをするというプレイもできるので、こうしたプレイ好きな人にはたまらないエッチになるでしょう。

オナ電する4つの方法

オナ電するために最も重要なのは相手の女性です。
まずはどのように電話の相手を見つけるかご説明します。
お金をかけずに見つけたい、時間をかけずにすぐに見つけたいなど方法によってメリットとデメリットがあります。
具体的には4種類の方法があります。

  • オナ電アプリを利用する
  • SNSや無料掲示板で募集する
  • 出会い系サイトを利用する
  • テレクラサイトを利用する

それぞれの方法について、簡単にご説明します。

オナ電アプリを利用する

オナ電アプリを利用する
私が一番よく利用するのはオナ電用のアプリやサイトを利用して相手の女性を見つける方法です。
サイトやアプリ上の掲示板・募集一覧を探せば、オナ電を希望している人を簡単に見つけることもできますし、何より同じような目的で利用している女の子しかいないので、オンラインセックスまで持っていくまでのハードルが低いです。
時間をかけずにサクッと相手を見つけてオナ電することができます。
初回登録時に無料お試しポイントがもらえるので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。
ただ、継続的に利用するにはお金がかかってしまうので、若い学生さんはなかなか手が出しづらいと思います。

↓オナ電できるおすすめのアプリ

SNSや無料掲示板で募集する

オナ電相手をSNSや無料掲示板で募集する
Twitterやネットの無料掲示板で募集すれば、お金をかけずに相手を探すことができます。
また、SNSの裏垢女子も狙い目です。同じようにオンラインセックスを目的にしている女の子なので、オナ電に持ち込める可能性が高いです。気になる裏垢女子を見つけたら気軽にDMしてみましょう。
悪徳業者が女の子のフリをして、危険なサイトに誘導するような詐欺が流行っているので注意してください。最近では悪徳業者だけでなくYouTuberや一般人がDMをしてきた男性を釣って馬鹿にしたり晒すような悪ふざけも横行しています。
また、こうしたSNSや掲示板には未成年の女子高生もいますが、未成年とのオナ電は絶対にNGです。未成年との淫行で捕まれば、一生を棒にふることになるので、絶対にやってはいけません。

↓SNSや掲示板で相手を探す方法

出会い系サイトを利用する

オナ電相手を出会い系サイトで探す
オナ電やライブチャットアプリが流行る前は、出会い系でオナ電相手を探すのが王道でした。
いま現在も出会い系サイトを利用して、オナ電の相手を見つけることはできます。
名前の通り出会うためのサイトですが、実際にはメッセージ交換や電話の相手を探している女性もいます。

オナ電アプリは、もともとテレビ電話やエロ電話が目的のサイトなので、簡単に相手を見つけることができます。
一方で、出会い系サイトは電話が目的の女性は少数なので、確実性は低いです。
オナ電が目的なら、出会い系に課金するよりも、はじめからオナ電アプリを利用するほうが安くて効率も良いです。

ただ、もし相手を見つけることができれば、かなり安く利用することができる可能性をもっています。
出会い系サイトには「暇とも募集」の書き込みがあるので、そこにメッセージを送り続ければ、20人に1人くらいは電話エッチにつなげることができます。(勝率はプロフィール写真などに大きく左右されます。)
そこまでに時間とお金はかかりますが、運よく相手が見つかれば、サイトを離れて直電話ができるようになり、そこからは完全無料ですね。

↓出会い系サイトでオナ電相手を探す方法

テレクラサイトを利用する

ひと昔前は素人女性と知り合うにはテレクラを利用するのが一般的でした。
アプリなんてない時代はテレクラの店舗に行って、女の子と電話をしてという流れだったのですが、便利な時代になりました。
現在ではテレクラに近いサービスが、店舗に行かずとも利用することができます。
いまはテレクラというよりも、ツーショットダイヤルと呼びます。

ツーショットダイヤルでは、素人女性と好きな時に電話をすることができます。
サイトによって、近所の女性に電話したり、無作為のランダムに電話したり、SM専門や人妻専門のフェチ別のサイトだったりと特色があります。
ただ、料金が非常に高いので、あまり積極的にはおすすめしません。

↓オナ電できるテレクラサイトと注意点

すぐオナ電できるおすすめのアプリ

オナ電アプリやサイトを紹介します。
お金がかかってしまいますが、すぐに好みの女性を見つけてオナ電することができます。
ここでは無料登録後にお試しポイントをたくさんもらえるサイトを紹介します。
まずは無料ポイントだけで気軽に試してみてはいかがでしょうか。

全世代対応のビーボ(VI-VO)


⇒VI-VO公式
iOS Android
オススメ度:★★★★★
若い女の子から人妻まで、1.6万人の女の子が在籍しているオナ電サイトがVI-VOです。
他のサイトに比べて、良い意味で純朴な雰囲気の女性が多いのが特徴です。
素人娘やリアルな人妻とオナニーチャットをするなら、VI-VOを試してみましょう。
現在は3000円分の無料お試しポイントがもらえるので、初心者にもお勧めできる優良サイトです。

女性20歳~30代後半
無料ポイント最大3,000円分(会員登録)

若い子限定のモコム(MOCOM)

モコム
⇒Mocom公式サイト
iOS Android PC
オススメ度:★★★★☆
モコムはスマホ向けオナ電サイトのなかでは、老舗にあたるサイトです。
女の子の在籍数はトップクラス。
オナ電だけではなく、在籍している女の子のエロい自撮りや、オナニー動画を見たりすることができるコンテンツも人気です。

女性20歳前後の若い女の子
無料ポイント3,000円分(会員登録)

熟女人妻限定のファム(FAMU)

ファム
⇒ファム公式サイト
iOS Android PC
オススメ度:★★★★☆
FAMUは、熟女・人妻専門のオナ電サイト。
お盛んな熟女と手軽にオナ電を楽しむことが可能です。
運営はモコムと一緒の老舗会社なので、安心して利用することができます。

女性30歳~50歳の熟女・人妻
無料ポイント最大3,500円分(会員登録)

SNSや掲示板で相手を探す方法

オナ電相手をSNSや無料掲示板で募集する
無料のSNSや掲示板でオナ電相手を見つけてテレフォンセックスする方法を紹介します。
もちろん簡単ではありません。

相手はプロでも仕事でもないので、あくまでも女性として扱わないとオナ電まで漕ぎつけないのです。
個人的には、掲示板サイトで見つけてやり取りを重ね、オナ電に至る過程はギャルゲーを攻略しているようで楽しいのですが、時間がかなりかかるのも事実です。
それが嫌なかたは、最初からオナ電アプリを使ったほうがいいかと思います。

ID交換掲示板

スカイプやラインはIDさえ交換すればすぐに連絡を取り合うことができます。
他に個人情報を交換する必要がないので、スカイプやラインのIDと募集文を掲載して友達などを募集するID交換掲示板がいくつか存在します。
ただのオンライン掲示板なので、特にサイトへ登録する必要もなく、誰でも気軽に使うことができます。
投稿された募集文から気になる人を見つけ、そのIDをスカイプやラインで検索してやり取りする、という仕組みです。
もちろん、自分が書き込んで募集することもできます。
あくまでもアダルトに特化したサイトではないので、男女問わず割と活発に書き込みされています。
実際にサイトを見てみればわかりますが、作業中の話し相手、オンラインゲーム仲間、相談相手と、様々な募集が書き込まれています。
中にはきっと、「良い人だったら、異性として…」と思っている女の子がいるはずです。

ただ、SNSや掲示板ではオナ電相手が見つかったらラッキーくらいに思っておいた方が精神衛生上いいと思います。
オナ電相手を見つけるためのポイントは、次の3つです。

女の子の書き込みから探す

まず、男性が自分から書き込んでも返信は来ません。
オンラインゲームの友達を募集するなど特定の目的があれば別ですが、それでは女性に限定する意味がないため怪しまれてしまいます。
また、露骨にエロい書き込みや出会いを目的とした男性の書き込みはサイトから削除されることがあります。

特に目的のなさそうな女の子を探す

特定の目的で募集をかけている女の子は、その目的から外れれば会話してくれなくなる傾向にあります。
また、露骨にエロい書き込みはイタズラだったり援助交際目的だったりするので注意が必要です。
オナ電相手として狙うのなら、「暇なんで誰か話しませんか?」みたいな書き込みの子がいいでしょう。
もっとも、私が見つけたときはこのケースには当てはまらなかったのですが。

とにかく女の子に優しくして、焦らない

ここでいう「優しくする」とは、何か買ってあげるとかおごってあげることではなく、とにかく話を聞いて肯定することです。
女の子は自分を認めてくれる男性には心を許してくれます。
同様に、あまり話を強引に進めないようにしましょう。
実際に電話をするときなど、男性側が背中を押してあげる必要が出てきますが、あくまでも最後の一押しです。
あまり主導権を握ってグイグイ話を進めると、下心の塊だと思われてしまいます。

掲示板でオナ電相手を見つけた体験談

繰り返しになりますが、掲示板でオナ電相手を見つけるのは決して簡単ではなく、むしろそう見つかるものではありません。
ここに書く私の体験談は事実ですが、お決まりのパターンというものではないので、そのつもりで読んでくださいね。

今から5年ほど前でしょうか、ネットの記事でスカイプのID掲示板の存在を知った私は、まるで日課のように掲示板を眺めていました。
特にエロいことに発展しなくても、見知らぬ女の子と話せるのはそれだけで楽しいものです。
ちょっとエッチな会話になって盛り上がったりすると、それだけでもオカズになりました。
そんなある日、「優しい年上の方、来てください。オナ電したいです。」という、21歳の女の子「みずな」の書き込みを見つけました。
どう考えても怪しい書き込みですし、釣られた男が殺到しているのも目に浮かびます。
が、そのとき私は「ま、お試しで」と思い、この子に自己紹介をチャットで送っていました。
どうせ返ってこないだろうと思いながら他の女の子を探していると、なんと返信が。「連絡ありがとうございます。やりとりさせてください。」
あれ?普通の女の子っぽいぞ?
と思いつつ、巧妙なイタズラかもしれないという警戒心を抱きながらやり取りを続けました。
今は大学生で、バイトしながら学校に通っていること。
遠距離の彼氏がいること。
セックスは好きで、寄りかかれる年上の男性がほしかったこと。
このほか好きなバンドの話やその日にあった出来事など、たわいもない話をほとんど毎日のようにしていました。
実は、最初にやり取りをし始めた段階で、私の仕事の休みとみずなちゃんの都合が合えばスカイプでオナ電してみようね、という話をしていました。
そのため、私の仕事の休みが確定するまでは、私から彼女に具体的な約束を求めることはしませんでした。
たわいもない世間話の中で相談に乗ったり、私自身の失敗談を話したりして少しずつ距離を縮め、同時に彼女の情報を収集します。
こういった細かいことを覚えておくと、実際に電話したときの会話に困りません。
また、相談事に関しては説教じみたことは言わず聞き役に徹し、最後に気の利いた一言を心がけていました。
そうこうしているうちに電話の約束をして、実際オナ電することに。
正直に言えば、本人を見るまで、ユーチューバーのドッキリ企画なのではないかとビクビクしていました。
だから、スカイプでテレビ電話したときはびっくりしたものです。細目の体に明るい笑顔、スカイプで写真は見ていたものの、本人は写真以上に可愛い女の子でした。
とりあえず雑談します。
ここでも、彼女の持ち物や話の内容に関心を示すようにしました。
彼氏とのエッチについて話してもらう流れでイメプに持ち込みます。服をめくりあげると、シンプルなブラに包まれた控えめな胸のふくらみ。この素人感がたまりません。むしゃぶりつくように凝視します。
オナ電するとわかっているのにジーンズを履いているあたりも素人っぽい臨場感があります。
まぁ、正真正銘の素人なので当然ですが。
裸にした彼女に、オナニーをしてもらい、我慢できなくなってこちらもシコります。
「生でいいよね?」と聞くと、「うん、生がいい」と。
これだけで発射しそうでしたが、彼女が満足するよう何度も激しくピストンを繰り返し、フィニッシュ。その後も都合3回戦までしました。
翌日の夜にスカイプで、「オナ電も良かったしお話も聞いてもらえて嬉しかったです。次はいつできますか?」と。こうして、彼女が就職して引っ越すまでセフレ関係は続きました。

掲示板の注意点

掲示板で女の子を探し、やり取りをすることは可能ですが、いくつか注意しておきたいことがあります。
まず、掲示板には未成年者がいることを知っておきましょう。
未成年の女の子はだいたい「JK(女子高生の略)」などの略称で自ら名乗っています。
普通にチャットするだけ、あるいは通話するだけなら問題ないかもしれませんが、間違ってもこういう子とオナ電しようなどとしないように気を付けましょう。
出会い系サイトではないのでサクラはほとんどみられませんが、詐欺まがいの書き込みはあります。
そもそも売買行為を禁止しているサイトが多いので、アマゾンギフトやpaypayで何かの取引を持ち掛けてくるような募集文も、手を出さないほうが無難です。
そして、一定数のイタズラがあることも覚悟しておきましょう。
女性のふりをしてチャットをし、その様子をリアルタイムでライブ配信するような悪質なものもあります。
何か特徴があるわけではないので、とにかく引っ掛からないように気を付けるしかありません。

出会い系サイトでオナ電相手を探す方法

オナ電相手を出会い系サイトで探す
ここでは出会い系サイトでオナ電の相手を探して、テレフォンセックスまでつなげたい方向けに詳しくやり方を解説します。
お金と時間はかかりますが、そのぶんうまくいったときの快感は堪らないものになります。

オナ電におすすめの出会い系サイト

まずはオナ電におすすめの出会い系サイトを紹介します。
ご存じの方も多いと思いますが、大手出会い系サイトTOP5です。
新興の出会い系サイトは危険な詐欺サイトもあるので、大手企業が運営する老舗サイトを利用するのがおすすめです。
老舗サイトは登録女性数が多く、悪徳業者などの取締パトロールもある程度は取り組んでいるので、比較的安全に利用できます。
後述しますが、どのサイトも無料ポイントをもらえるので、気軽にいくつか試して、使い勝手の良いサイトをメインにしましょう。

出会い系サイト登録女性数エロ度
PCMAX
公式サイト
★★★★★★
ハッピーメール
公式サイト
★★★★★☆
ワクワクメール
公式サイト
★★★★★☆
イククル
公式サイト
★★☆★★★
ミントC!Jメール
公式サイト
★☆☆★★★

出会い系サイトの基本

出会い系サイトは大きく分けて、有料サイトと無料サイトに分けられます。
無料サイトは悪質サイトや違法デリヘルなどへの誘導に使われていることが多く、お金こそかからないもののリスクが伴います。
ちゃんとした出会い系サイトの場合、こういった利用者を野放しにするとサイトの信頼をなくし、お金を払ってくれる利用者を確保できなくなってしまいます。
このため、無料サイトに比べると悪質な女性利用者やサクラが極端に少なく、その意味では安心して利用することができます。
さらに、サイトによっては登録の際、1000ポイント程度(メール換算で20通分)の無料ポイントがもらえます。
このポイントだけでオナ電までつなげられれば、実質無料で利用できてしまうのです。

出会い系サイトの料金

出会い系サイトでは、ポイントに対して対価を支払う形で利用料が発生する仕組みです。
たとえば、1ポイントあたり5円と設定されたサイトがあるとします。女性の写真つきプロフィール閲覧が2ポイント、メール送信が10ポイントなど、サイトを利用するアクションに対してそれぞれ消費するポイントが設定されており、利用者は購入したポイントをこれらに振り分けて利用します。
もちろん、ポイントが足りなくなれば購入することになります。
悪質なサイトの場合、ポイントの価格が異様に高く設定されていたり、自分が知らないうちにポイントを使い込んであとから請求するようなパターンもみられるので、そういった悪質サイトに引っ掛からないよう注意が必要です。
相場としては、女性へのメール送信で1通あたり20~50円といったところです。

オナ電相手を出会い系で見つける手順

具体的に相手を見つけてオナ電するまでの手順を解説します。
オナ電アプリに比べたら時間はかかりますが、無料掲示板に比べたらはるかに楽に見つけることができました。

まずはサイトに慣れよう

さて、実際に出会い系サイトでオナ電相手を見つける場合、まずはサイトを使えるようにならなければいけません。
サイトによって機能や作りが大きく違うので、ポイント消費に気を付けつつサイト内をいろいろ探検してみましょう。
私が利用したサイトでは、昔のSNS「mixi」と似たような作りになっていて、利用者それぞれのプロフィールページがあり、そのプロフィールを条件検索したり、サイト内への掲示板へ書き込んだりする仕組みになっていました。
日記機能もありますが、あまり利用されている様子はありませんでした。

女性を検索

なんとなくでもサイトの仕組みがわかったら、プロフィールを検索して好みの女性を探しましょう。
このとき、かなり細かく条件を設定して検索できますが、あまり細かな条件を設定しないほうがいいです。
住んでいる場所や年齢など、最低限の条件だけ検索し、あとは実際にプロフィールを見て総合的に判断するつもりでいるといいでしょう。
ちなみに、サクラや悪質サイトへの誘導はほとんどありませんが、援助交際目的の女性はかなり見られます。
たいていはプロフィールの自己紹介にそれとわかるように書いているので、そういった女性は避けた方がいいでしょう。
「誰かお話ししませんか?」など目的がふわふわした女性が狙い目です。

見つけた女性にアプローチ

これは!と思う女性を見つけたらさっそくメールを送ってアプローチですが、ここからが出会い系サイトの難しいところです。
仮に、プロフィール検索まで無料でこなしてきたとしても、メール送信が無料の有料ポイントサイトなど存在しません。
このメール送信では、必ず料金がかかります。
なるべく安く済ませるには、いかに早くラインやフリーメールなどに移行するか、がカギです。
一方、女性からすれば、サイト内でのやり取りだからこそ安心している部分があり、個人の連絡先交換には慎重な場合がほとんどです。しかも、アプローチ一人目でうまくいくとは限りません。ポイントを消費して何度かやり取りしたのにお別れしてしまった、ということもよくあります。

女性との距離を詰める

男性としては、早くサイトから離れて無料のSNSやLINEなどに移行したいところですが、女性はそれを嫌がります。
この駆け引きが、出会い系サイトの難しいところです。
人間相手なので必勝法などないのですが、私の場合、先に何通かやり取りをして仲良くなった後、正直に「このサイトだとメール送るたびにお金かかるし、いちいちサイトにログインしないとやり取りできないから、よかったらラインしない?」と持ち掛けるようにしています。
ここで渋られるようなら、それ以上やり取りを続けても無意味と判断し、お別れです。
これでラインなどを交換できたらしめたもの。あとは、女の子の話をよく聞く優しい男性でいつつ、タイミングをみて電話する約束を取り付けましょう。

出会い系でオナ電相手を見つけた体験談

スカイプやラインのID掲示板で目を皿のようにして女の子を物色していた私ですが、ある日、「これが有料サイトだったらどれだけ違うのか」ということに興味をもってしまいました。
そこで、昔から知られている出会い系サイトに登録、女の子を探してみます。
登録してから知ったのですが、登録時に1200ポイント、さらにプロフィール記入率100%にすることで追加で200ポイント、合計1400ポイントがもらえることになっており、せっかくだからこのポイントの範疇で勝負を決めよう、と思いました。
うっかり女の子のプロフィール写真を開いてポイントを使ってしまったり、「足跡ありがとうございます♪」なんてくだらないメールの送信でポイントを使ってしまったりしましたが、なるべく温存して女の子を物色。
すると、いかにも素朴そうな女の子の書き込みを発見。
プロフィール写真を載せていないところが、かえって素人っぽく好感が持てます。
「お話しするのが大好きなので、話し相手になってくれると嬉しいです」とのこと。
さっそく、この子にメールを送ります。メール送信自体は有料ですが、何文字書いても同じ料金なので、少しでも好印象になるよう丁寧に書いて送ります。
すぐに返事が返ってきて、何通かやり取りします。専門学校生の19歳、実は彼氏がいるけれど優しい年上さんと知り合いたくて勢いでサイト登録しちゃった、というあたりまで聞いたうえで、ラインの交換を持ち掛けます。
ここまででけっこう仲良くなっていたのですんなりOK。
ライン交換してから顔写真も見せてもらいましたが、大きな目がチャームポイントの可愛らしい女の子です。
電話の約束をしてから、「クイズを出し合って3点先取した方が勝ち、負けた方は勝った方のいうことを聞く」というゲームを仕掛けて見事勝利し、オナ電をスタートします。
お話が好き、と聞いていたので彼女の話をたくさん聞きつつ、控えめなおっぱいをいじるように指示します。
思わず話が中断してしまうみずなちゃん。
「で、そのあとどうなったの?」「そ…それからぁ…あぁ、あん」「ねぇねぇ、続きは?」なんて軽い言葉責めをすると、もうアソコがぐしょぐしょに。
快感でお話しできなくなったところで、ぐしょぐしょになった下のお口を触るように指示します。
「もぉ~いじわる~~」という彼女の言葉を聞きつつも、さらに指を入れて激しくするように指示。
そのまま2回戦へ。今度はハンカチで目を隠すように言って、ちょっとした目隠しプレイを楽しみます。やっぱりみずなちゃん、ドMです。
目隠しプレイをしたことはないらしいですが、視覚の自由がなくなっただけで感度が抜群に研ぎ澄まされています。
バックで生挿入しているとこを想像させます。
若い女の子を味わい尽くしました。
出会い系サイトを使った感想としては、タイミングさえ合えば、女の子を見つけてからライン交換までのスパンが短い、と感じました。
「有料」というフィルターがかかっているので、業者やサクラなどとの無駄なやり取りがなく、なんというか進み方がスムーズです。
無料進呈ポイントだけで完結できるかどうかは運次第ですが、料金を払ったとしても高すぎるということはないんじゃないかな、と思います。

オナ電できるテレクラサイトと注意点

ここではテレクラサイトをタイプ別に分類して紹介しています。
まずは無料ポイントを利用して、お試し利用してみて下さい。
テレクラサイトは他のオナ電アプリなどの台頭によってサービスを中止するサイトも多いです。定期的にチェックしていますが、利用できなくなっている場合もあります。

ハマりすぎて、無料ポイントを通り越して、使いまくってしまわないように計画的に利用しましょう。テレクラサイトは後払い方式なので、あとで高額な請求がくることもあります。注意してください!
便利ですが、料金がとてもとても高いのでおすすめはできません。

初心者向けテレクラサイト

テレクラサイトの利用が初めての方は、ノーマルタイプのサイトから利用しましょう。
たまに援交相手を探している女性もいますが、エロ電話を希望している女性がほとんどです。
相手もエロ電話を希望しているので、話がとても早く、スムーズにテレフォンオナニーをしたり、テレホンセックスをしたりできます。

【停止】テレクラマックス

テレクラサイトといえば、テレクラマックスです。
もっとも登録女性の数が多いサイトです。
機能は3種類あります。

  • ツーショット:近所の女性にランダムでつながる
  • プロフィール:女性の録音音声を聞いて電話相手を選ぶ
  • 逆ナンパ:男性が希望内容を録音して、女性からの着信を待つ

すぐに通話を開始したい方は「ツーショット」を利用しましょう。
相手を選ぶ場合は、「プロフィール」や「逆ナンパ」を使って、希望に合う相手を厳選することができます。

【停止】ミセスeye(アイ)

ミセスeye(アイ)は40歳以上の熟女人妻、バツイチ女性のみが登録できるサイトです。
もともと熟女や人妻の多いテレクラサイトですが、ミセスeye(アイ)は40歳以上という制限があります。
歳を重ねたからこそ出せるエロスのある女性と電話えっちを堪能して下さい。

SM専門のテレクラサイト

SMのお店もありますが、結構高いですよね。
行ってみると普通の風俗とそれほど変わらないこともあります。
そんながっかりした体験のある人には、SM専門のテレクラサイトです。
お店の女性とは違い、素人のSとMの女性が自ら好んで登録しています。
相手の女性も本気でプレイを満喫しているので、調教プレイもお店とはひと味もふた味も違います。

【停止】エクスタシークラブ

エクスタシークラブでは、女性の録音音声を聞いて、相手を選んで電話することができます。
S女性の女王様っぷりは圧巻で、すぐさま服従させてもらいたくなります。
またM女性の録音はS心をくすぐり、メチャクチャに調教してやりたくなります。

【停止】バレンタインコール

バレンタインコールも同じくSM専門のテレクラサイトです。
エクスタシークラブで好みの女性がいなければ、バレンタインコールを利用してはいかがでしょうか。

変態マニア向けテレクラサイト

テレクラサイトではテレフォンセックスだけでなく、イメージプレイを楽しむことができます。
でも、普通のテレホンセックスやオナニーをするために来ている人に、イメージプレイを頼むと引かれてしまうことがあります。
そんな性癖を開放して、思う存分変態プレイができるサイトを紹介します。

【停止】名人倶楽部

名人倶楽部はマニア向けのテレクラサイトです。
変態のみが利用できるサイトなので、ノーマル性癖の方はやめておきましょう。
他のサイトでは引かれてしまうような、ド変態なエロ電話をしたい方向けのサイトです。
ここなら過激な性癖を好きなだけ開放することができます。

萌え系テレクラサイト

過激な変態プレイだけが、イメージプレイではありません。
テレクラサイトでは、萌系女子とのイメプもできます。
妹キャラとの禁断のテレHや猫耳キャラとのなりきりプレイなどを楽しみましょう。

みちゃっと

みちゃっと公式
みちゃっとでは、メイドやツンデレキャラなどの萌系女子と好きな時に電話をすることができます。

\6000円分の無料ポイントをもらう/

写真で選ぶツーショットダイヤル

テレクラサイトでは、顔が見えない相手とのテレエッチが魅力のひとつでした。
しかし、顔写真で相手を選べるツーショットダイヤルもあります。
せっかくなら外見がタイプの女性と思う存分、テレホンセックスをお楽しみたいという方は利用してみましょう。

【停止】6969-chat(ムクムクチャット)

素人女性の投稿写真から電話の相手を選ぶことができます。
投稿写真を見るのはタダなので、それだけでも十分お得なサイトです。

【停止】1919-chat(イクイクチャット)

6969-chat(ムクムクチャット)と同じ会社が運営するテレクラサイトです。

テレクラサイトの注意点

テレクラサイトは見知らぬ素人女性とエロ電話ができる素敵なサービスです。
でも、使いすぎには注意して下さい。
気づいたら無料ポイントを使い切って、追加料金が大量に発生していたと焦ることがないように気をつけましょう。

テレクラサイトは後払い制のサイトが多いので、このような危険性もあります。
このようなリスクを背負いたくない方は、前払い制のライブチャットを利用しましょう

オナ電をより楽しむ方法とコツ

オナ電を楽しむコツやおすすめの会話表現
必ず言わなければならないのは、「声が可愛い」です。
必ず言ってください。
オナ電を続けている女性は言われ慣れていると思いますが、可愛いというきっかけフレーズは大事です。
言われて嫌な気持ちになる人もいないです。
可愛い相手とオナ電をしたいという目的があってオナ電をしていると思うので、相手にもこれを提示していきましょう。

事前の会話で気持ちを高める

何事も準備が大事ということで、オナ電の前の会話でお互いにの気持が高まる会話をするのを心がけるのが良いかと思います。
まずは簡単な会話から段々とエッチな話をしていくのがおすすめです。
普段の性の話を聞いてみましょう。最近いつHしたか、オナニーはいつしたか、初体験は、初めてオナニーしたのはいつかなどです。
女性にも普段おもちゃを使うかどうか尋ねてみましょう。
エロ電する方であればそこそこの確率で持っています。
バイブやローターなどどのように使っているのか自分の話をするのもいいですが、ここでは女性の話を聞き出すことに徹してください。
性事情を女性にさらけ出させることによって、恥ずかしいという気持ちを引き出してあげてください。
だんだんと性的興奮を高め相互で自慰に持っていきやすいです。
この時に相手の好きなプレイなどを聞ければ更によしです。

お酒を飲みながらのエロトークもおすすめです。
普段言葉にできないことでもお酒の力を借りれば言えることも多いと思いますし、何よりお酒のおかげでお互いにより大胆になることができるのでより大胆なエッチを楽しめるでしょう。

おすすめの会話表現

「エッチな音が聞こえる」というフレーズはよく使えます。
女性の粘膜が擦れて音が出てくるときやバイブやローターの回転音などです。
実際に見たり表情がわかるわけではないので、情報量は少ないですが聞こえるものや息遣いで判断してみましょう。
M気のある女性であれば「どこ触ってる?」や「どこが気持ちいい?」というフレーズも欠かせません。
今どのような状況になっているのかという実況をさせ、伝えさせることで辱めることができます。

話し方としては、スピードとノリよく、声ははっきり(余裕があれば緩急つける)したほうがいいです。
通話をする際に声がボソボソだと、どういう状況か伝えにくいので冷めてしまうかもしれないので、はっきり喋る方が良いです。

最初のエロい話題に入る時に、一瞬だけ喋らない空白の時間を作りましょう。
それまでは世間話などをしていますが、ここからは方向転換ということを暗に示すことができます。
通話だけで雰囲気作りは難しいと思いますが、空白の時間を作ることで成功率は高まります。

吐息やリアクションで状況を伝える

吐息やリアクションは多少大きめにしてください。
反応の大きさで相手にどういう状況か伝えられます。
反応が薄いとあんまり盛り上がっていない印象を持ってしまう可能性があります。
「気持ちいい」や、「我慢汁がいっぱい出た」などその瞬間の身体の反応を相手に伝え、向こうにもイメージさせてあげましょう。

派手な下着

ビデオ通話で見せる場合のオナ電ですが、実際に相手は見ているのかという疑念を持つ方がいると思います。
適当に流しているだけやそもそも見ていないなど。
この時に実際に見ていることの確認ができ、それでいて女性と盛り上がる方法があります。
それは男性が派手な下着を履くことです。
女性が実際に見ていれば必ず「パンツ派手だねw」のような反応が返ってきます。
最初から脱いで局部を見せるのではなく、パンツ越しに形を見せてください。
形がくっきりとわかる様に見せてあげましょう。
実際、女性としてみれば黒や灰色などのパンツだと反応の仕方もないです。
また他の人との差別化も図ることができて、覚えてくれる可能性も非常に高くなります。
オススメはOUTDOORのボクサーパンツです。一枚1000円前後と少し高めですが、毎日履くものでもありこれくらいは安い投資です。
派手なものが多くAmazonでも売っているので実際に店舗に行かなくても入手できます。
赤やオレンジ、緑など蛍光色はビデオ通話でも視認性が高く相手にも分かりやすいです。

大人のオモチャを使う

普段からのひとりでのエッチの際にオモチャを使っている人もいるかと思いますが、オンラインセックスでも使ってみるのもおすすめです。
普段どのような感じでオモチャを使っているのかを女の子に聞きながら実際にそのプレイをやらせるというのも楽しいです。
テンガなどのオナホールは市民権を得てだいぶ有名になっています。
ただ、実際に使っている姿というものを見たことのある女性はあまりいないと思います。
入れている姿を写真に収めたり、しごいている音を相手に聞かせたり、見せたりと方法は様々です。
オナホールはローションを使うため音が出やすくオナ電向きです。
また、DXLIVEでは女性によっては遠隔バイブを操作できるので、より楽しめること間違いなしです。

シチュエーションを決めてイメージプレイ

どういうプレイやシチュエーションなど話の中や事前に知っていればそれに合わせてプレイするのも盛り上がります。
いちゃいちゃプレイが好きなのであればいちゃいちゃ感やラブラブ感を出してみるのも手です。
学校でしてみたいというのであれば2人の空間は教室であると仮定してみたり。
また敢えて声を出さないプレイ。声を出してはいけないシチュエーションであると仮定するならば友達の家で、などだと自室でもイメージしやすいのではないかと思います。

オナニーを指示してもらう

女性に局部を見せてもらうよりも男性が先に出すことで女性からしてみれば警戒感なく安心してエロ電ができます。
女性の場合は、初対面の人に見せることに抵抗をもつ人もいます。

ただ、いきなり指示と言っても女性は困惑する可能性が高いです。
経験が豊富な子であればいいですがあまりオナ電の経験がない子だと困惑します。
この時は男性が少しだけヒントやこう言って欲しいなどのワードを提示してください。
ここでいう言って欲しいワードとは男性のものをシゴくスピードの指示や持ち方、寸止めなどです。
シゴくスピードが一番イメージしやすく理解してもらいやすいです。
どれくらい早くやもうちょっと遅めでやもっと強く握ってなど。
いつも自分ではこのようにやってるからと提示するとじゃあもうちょい早くや遅めでなどといった会話が生まれます。
また持ち方というのは両手や片手など、手の持ち方(左右など)を指示してもらいましょう。
ここでもいつものやり方の提示をしてじゃあ今はどうすればいいと聞いてみましょう。
もうちょっと強く握ってや左手で握ってなどを提案してもらえるようになりましょう。
オナニーを指示してもらうとは、その時間のオナニーは相手の女性の管理下にオナニーが敷かれているということです。
恥ずかしいなど感情を出しながら女性の管理下オナニーを楽しんでください。

オナニーを指示する

普段どんなふうにしている?と聞いてみてください。
まずは女性に濡れてもらうのが一番であるのでいつものようにやってみてと言ってみましょう。
いつものようにやっているオナニーをじっくり観察してみましょう。
ある程度の時間が経ったらもう一度やり方を聞いてみましょう。
次のステップとしては早く出し入れしてみてや、強めにつまんでみてなど前ステップではやっていなかったことやもっと激しくなどレベルアップを図ってみましょう。
またいつもやっている方法の中に、どういうことを考えているのかということも聞いてみましょう。
アダルトビデオを見る女性であればどのようなビデオを見るのか聞いてみるのもいいです。
しかし見ていない女性でこういうことを考えている(痴漢やスーツスタイルなど)を聞いたら似たような動画のURLを送ってみてください。「こういうふうなことを考えてるんだ」みたいな会話が生まれます。

女性でおもちゃを使う場合、電池式のもの多いです。
この時、実際にどういう風に使っているのか音なども聞いてみてください。
うねるような音や速めにモーターが動く音など、普段のオナニーがどのように行われているのかのイマジネーションに繋がります。

オナ電後のピロートーク

絶頂した後にピロートークは欠かさずに行いましょう。
行わずにコンタクトを切るのは絶対にダメです。
まずエロ電してくれたことに対してのお礼、いつもやるよりも気持ちよかった、精神的に満たされたなどその女性のおかげで良い時間を過ごせたということを伝えてください。
女性の方からも感想を引き出せるように頑張りましょう。
指示されてどうだったかや本当に気持ちよくなれたかなど聞いてみてください。
女性の方があんまりだったみたいな感想を伝えてきた時にじゃあ次はこうしようやこういう風にやってみるのはどうやどうされたいなどの次の機会もここで育てておきましょう。
オナ電でお互いの自慰行為の質を高めることができるという提示もここですることで、もう一回やりたい、この人を離すのは勿体無いなどの感情を生み出せれるようになれば今回のオナ電は成功です。

オナ電の注意点

最後にオナ電する際の注意点について触れておきます。
新時代のオンラインセックスであるオナ電をする際は、下記の2つのルールを守って安全に楽しみましょう。

信頼できる相手を選ぶ

オナ電はビデオ通話でお互いの顔をみながら行うこともあります。
その際に、その様子をこっそりと録画・録音することだってできます。
もし信頼できない人とオンラインセックスをして録画されてしまうと、後々トラブルの原因になってしまうこともあるので、できる限り信頼できる相手とするようにしましょう。
特に無料掲示板やSNSを使う場合は、さらし目的のいたずらがあるので注意してください。

録画や録音は事前に確認する

同じようにこちらが相手のことを録画や録音をしたことでトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
もし録画を希望するのなら事前に相手に確認しましょう。
その際、相手に録画をするのは「ダメ」だと言われたり、言葉にせずとも嫌そうな雰囲気を出すようなら素直に引き下がることが大事です。
何事も嫌がる相手に無理やりさせるのはダメだと言うことを心がけておきましょう。

まとめ

新しいエッチの形でもあるオナ電やオンラインセックスについて、おすすめの方法を紹介しました。
相手と直接出会うことなく画面越しにエッチなことができるのが大きなポイントです。

オナ電やオンラインセックスの良いところは次の点があります。

自宅で疑似セックスできる

ホテルなどを利用しなくともパソコンやスマートフォンがあれば自宅で簡単に擬似セックスをすることができます。
ホテル代も掛からないし、無駄な外出をする必要もなく、好きな時にできるのがポイントのひとつです。
 

ひとりでオナニーするよりも気持ちいい

自宅で独り寂しく処理をせずに、オンラインセックスならエッチな動画とは違ってお互いに会話をしながらエッチをすることができます。
これまでひとりでしていた時とは違い、画面越しや電話越しにリアルで相手のエッチな姿を見聞きすることができるので興奮度はかなり増すこと間違いなしです。

相手の家にいる気分を味わえる

自分と同じように相手も自宅にいるのがほとんどです。
映像ありのテレビ電話なら、背景が相手の部屋で女の子もリラックスしたラフな格好だとまるで相手の女の子の家に遊びに行っているような気分になります。
そんな女の子の部屋でこれからエッチなことをすると思うといつも以上にドキドキしてくるかと思います。

性病などの感染リスクがない

相手と直接会うわけではないので性病などに感染することは絶対にありません。
安心して楽しめるのがオンラインセックスの魅力の一つです。

今後も時代の流れに合わせて私達の生活様式が変わっていくように、エッチの形も時代とともに変わっていくかと思います。
けれど、例え画面越しだろうとそこにいるのは生身の人であることに変わりはありません。
オナ電だろうとオンラインセックスだろうと、なによりも相手を労る気持ちが大事だと思います。
常にそのことを忘れずに性生活を楽しみましょう。

ライブチャットマスター