風俗遊びはやめるべき?新型コロナウイルスとオトナの感染対策

風俗
風俗などの性的サービスを利用する男性や風俗で働く女性は、新型コロナウイルスの感染リスクについて、どのように対応すべきでしょうか?
かなり難しい状況ではありますが、現在わかっていることを整理し、風俗に通う男性と風俗で働く女性それぞれの対策方法などをまとめてみました。

なお、私は専門家ではなく、ただのエロ好きな変態紳士(おっさん)です。
私自身が風俗の利用を控えるべきかどうか悩み、厚生労働省やWHOなどの専門機関の情報を調べたので、同じように悩んでいる方向けに記事にしました。

今後も新しい発表情報などがあれば随時更新していきます。

新型コロナウイルスと性的感染

セックス
一番気になるのは、風俗での性行為によって新型コロナウイルスがうつるのかどうかですよね。

まず、性行為(本番セックスやフェラ、素股など)によってうつるかどうかはわからないようです。
というよりも、まだ性行為によって感染したという事例は見つかっていません。

海外のニュースサイトBBCでは下記のように、新型コロナウイルスの性感染については不明だと回答しています。

新型コロナウイルスは性交渉で感染する?
性感染に注意すべきかどうかはまだ明らかになっていない。現時点では、せきやくしゃみが主な感染経路だとみられている。

そうはいっても、「じゃあ、それほど気にせず風俗に行ける」というわけではありません。

新型コロナウイルスの感染経路

現時点では、新型コロナウイルスの感染経路は飛沫感染と接触感染だと考えられています。
下記が、厚生労働省によるそれぞれについての説明です。

(1)飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いるとき
(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

つまり、性交時に相手が新型コロナウイルスの感染者だった場合は、うつる可能性が高いです。
ディープキスをすれば、つばによる飛沫感染が起きうります。
ディープキスをしなくても、近距離で会話をすれば、同じことです。
また全身を舐めてもらったときに、その部分を手で触って、そのあとに自分の口や鼻などの粘膜を触ればこれも同じことです。

ただし、先に書いたように性感染はまだ確認されていません。
なお、東京大学医科学研究所附属病院感染・免疫内科の説明によると、性感染とは感染者の体液(血液、膣分泌液、精液)が性器や腸管、口の粘膜に接触することで感染することです。

濃厚接触はセックスのことではない

新型コロナウイルスについて調べていると、濃厚接触という単語をよく目にします。
これは、セックスの隠語ではありません。
(私は完全に「セックス」のお上品な言葉なのかと思っていました。)

濃厚接触とは、接触距離や時間が通常よりも長いという意味だそうです。
厚生労働省は、必要な感染予防策なしで手で触れること、または対面で会話することが可能な距離(目安として2メートル)で、接触した方などを濃厚接触者としています。

風俗遊びはやめるべき?

風俗嬢
新型コロナウイルスの感染リスクを減らしたいのであれば、しばらく風俗通いはやめるべきです。
私は、しばらくの間は、引きこもってライブチャットだけに専念することにしました。笑

ただ、新型コロナウイルスがどれほど怖いのかはわかっていません。
調べている中では、インフルエンザの方が危険だという意見もチラホラ目にしました。
インフルエンザが流行っているときに、風俗通いをやめる人もいれば、気にせず通う方もいると思います。
相手が新型コロナウイルスにかかっていなければ、もともと感染することもないわけです。

最終的には、ひとそれぞれの価値観によると思います。

風俗に行く男性の対策方法

まず一番大事なことは、相手の風俗嬢が新型コロナウイルスにかかっているのかどうかということです。
相手に下記の症状がないか確認しましょう。
風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある引用元:厚生労働省

実際に直接聞くのは難しいと思いますが、あきらかに女性の体調が悪そうな場合は、相手のためにも聞いてみましょう。
(それでも、無症状の感染者もいるので、100%の安全は確認できません。)

より感染リスクを下げるためには、下記の3点も効果的です。

  • 近距離での対面した会話やディープキスはなるべく控えましょう。
  • 相手と触れ合った部分(手など)で、自分の口や鼻などの粘膜をこすらないようにしましょう。
  • プレイ後は手洗いうがいをしっかりと行います。

以上、完全な感染予防にはなりませんが、やらないよりかはかなりマシな対策方法だと考えられます。

風俗で働いている女性の対策方法

風俗で働いている女性も、基本的には風俗に行く男性の対策方法と同じです。
ただ、相手の男性が望んできたら、対面での会話やディープキスを断るのは、なかなか難しいと思います。

対面での会話は、横に並んで座ったり、会話を早めに切り上げてプレイをはじめたり、工夫次第である程度は対処できるかもしれません。
また可能であれば、この期間だけでも、ディープキスNGにできれば良いものですが、働いているお店次第でしょう。

本気で新型コロナウイルスの感染を防ぐためには、お店を辞めるという選択肢も念頭に置く必要があるかもしれません。
自宅にいながら相手の男性と接触せずに、働くことができるライブチャットのチャットレディはおすすめです。
風俗で働けていた方なら、素人の女性に比べて、男性対応も上手なので、けっこう稼げると思います。

まとめ

新型コロナウイルスと性風俗の関係について、現在のわかっている情報をまとめて整理しました。

  • 性感染は不明(事例なし)
  • 飛沫感染するので、近距離の会話やディープキスは危険
  • 接触感染するので、全身リップなどは危険

新型コロナウイルスの感染を防ぐなら、男性の風俗遊びや女性の風俗勤務は控えるべきです。
ただし、新型コロナウイルスをインフルエンザと同程度ととらえる意見もあり、どこまで恐れるべきかは現時点ではわかっていません。

私は風俗はしばらくお休みして、ライブチャットの世界に入り浸るつもりです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
本記事は、非専門家の私が、専門家の発表を調べて、自分が風俗を利用できるか考えるための備忘録です。
随時内容は更新していくつもりですが、みなさんも厚生労働省やWHOなど専門機関の情報を優先して下さい。

ライブチャットマスター